MENU

B型肝炎給付金制度とは

集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方が、国に対して給付金を請求できる制度のことです。
あなたご自身が予防接種を受けていなくても、母子・父子感染により請求できる可能性もあります。
B型肝炎訴訟と給付金制度について、正しく知って、次のステップを見つけましょう。

最新記事

赤ちゃんがB型肝炎ワクチン予防接種は受けても大丈夫?

赤ちゃんのB型肝炎予防接種についての解説です。 2016年10月1日から定期接種になり、自己負担無しで接種を受けることができます。 間隔をあけて3回の予防接種が必要なため、予防接種スケジュールの管理が大切になります。

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。

B型肝炎給付金もらえないのはどんな人?

B型肝炎給付金がもらえる条件について、普通とは真逆の視点で、B型肝炎給付金をもらえないケースについて解説していきます。 ただ、正確な判断には、法律や医学の専門知識が必要となるので、一度は弁護士に相談してみてください。

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。

B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金は、患者の死亡後に相続人から請求する場合は相続財産とはならず、相続税はかかりません。 一般的な損害賠償よりも請求時期を調整しやすいので、意図的に相続税を回避できるケースもあります。

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。

B型肝炎訴訟の和解状況

B型肝炎訴訟の提訴実績や和解状況などから、実際にどのくらいの人が給付金をもらっていて、もらえる確率はどれくらいになるのかを見ていきます。 B型肝炎ウイルス感染者の3人に1人は給付金の対象になります。

B型肝炎訴訟の流れ

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るまでの大まかな流れのご説明です。証拠書類の収集~訴訟~和解~給付金受給までの道のりは長いもの。自分で手続きをすることも可能ですが、弁護士に依頼するのが一般的です。

B型肝炎の給付金について

B型肝炎の給付金とは、幼少期の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した人に、国から給付金という名目で支給されるお金です。国に対して訴訟を起こし、和解することで最大3600万円の給付金を受け取ることができます。

人気記事ランキング

給付金シュミレーション

給付金の対象なの?いくら給付金がもらえるの?
質問に答えるだけで、この場で結果がわかります。 まずはここからシミュレーションしてみましょう!

質問
生年月日は、
昭和16年7月2日~昭和63年1月27日の範囲内ですか?

相談できる弁護士事務所を探す

B型肝炎の給付金を受給するためには、国を相手に訴訟を起こす必要があります。
カルテや記録などの証拠集めや、さまざまな申請手続きなど、解決までにやることは盛りだくさん。
B型肝炎訴訟に慣れている弁護士事務所に相談した方が、スムーズに話を進められる可能性があります。

ここでは、B型肝炎訴訟を扱っている弁護士事務所をご紹介いたします。

弁護士一覧ページへ
PAGE TOP