給付金対象ではないようです

給付金は、B型肝炎ウイルスに持続感染している人が対象となります。

 

おすすめ記事

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。

B型肝炎の給付金受給後に病態が悪化した 追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金を受け取り後に肝疾患が悪化したときは、追加給付金として差額を請求できます。ご本人が死亡してしまったときは、ご遺族から追加給付金を請求することも可能です。

B型肝炎患者への援助 助成金と給付金の違い

B型肝炎の方に対しては、国や自治体から、助成金や給付金などのお金が支給されます。 助成金と給付金の一番大きな違いは、医療費免除と現金支給の違いです。 両方の制度を利用することもできます。
B型肝炎給付金でもらえる金額

B型肝炎給付金でもらえる金額は?

B型肝炎給付金では病態や発症時期により金額が決められており、最大3600万円を受け取ることができます。また、弁護士費用や、証拠のために検査した場合の費用の一部も支給されます。二次感染者も同じ金額がもらえます。
彼氏や彼女がB型肝炎だったら

彼氏や彼女がB型肝炎だったときの注意点と確認すべきこと

付き合っている彼氏や彼女から、B型肝炎であることを告げられた方に向けて、注意することや確認しておくべきことをご説明します。 B型肝炎をきちんと理解して、避けるべきリスクを避ければ、必要以上に不安になることはありません。
記事一覧へ