給付金対象ではないようです

給付金は、B型肝炎ウイルスに持続感染している人が対象となります。

 

おすすめ記事

風邪をひいた人

B型肝炎の感染力

B型肝炎ウイルスはHIVの50倍から100倍は感染力があると言われており、非常に感染力の強いウイルスです。 B型肝炎ウイルスの感染力について解説しています。

B型肝炎患者への援助 助成金と給付金の違い

B型肝炎の方に対しては、国や自治体から、助成金や給付金などのお金が支給されます。 助成金と給付金の一番大きな違いは、医療費免除と現金支給の違いです。 両方の制度を利用することもできます。
B型肝炎訴訟の弁護士費用

費用倒れで損しない? B型肝炎訴訟の弁護士費用

B型肝炎訴訟は弁護士費用が高くて逆に損するかもしれない、という点を検証します。 給付金をもらえれば費用倒れになることはありません。 給付金をもらえない場合、費用は無駄になりますが、最小限に抑えることは可能です。

B型肝炎の給付金について

B型肝炎の給付金とは、幼少期の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した人に、国から給付金という名目で支給されるお金です。国に対して訴訟を起こし、和解することで最大3600万円の給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟の流れ

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るまでの大まかな流れのご説明です。証拠書類の収集~訴訟~和解~給付金受給までの道のりは長いもの。自分で手続きをすることも可能ですが、弁護士に依頼するのが一般的です。
記事一覧へ