給付金対象ではないようです

給付金は、B型肝炎ウイルスに持続感染している人が対象となります。

 

おすすめ記事

B型肝炎キャリアの人が結婚するときに気をつけること

結婚生活や出産において、B型肝炎ウイルスキャリアであることは切り離せません。しかし、今ではワクチン接種や母子感染防止も可能です。理解しあえるパートナーであれば、B型肝炎が結婚を諦める理由にはなりません。

B型肝炎患者への援助 助成金と給付金の違い

B型肝炎の方に対しては、国や自治体から、助成金や給付金などのお金が支給されます。 助成金と給付金の一番大きな違いは、医療費免除と現金支給の違いです。 両方の制度を利用することもできます。

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。
B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。
B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。
記事一覧へ