一次感染者としての給付金対象ではないようです

少なくとも、一次感染者(直接に集団予防接種で感染した人)としての給付金の対象ではないようです。

お母様が一次感染者であれば、母子感染した人は二次感染者として給付金の対象 になる可能性があります。

 

ご家族についてもチェックしてみましょう。

シミュレーションページへ

おすすめ記事

B型肝炎だけじゃない C型肝炎訴訟の給付金について

C型肝炎訴訟とは、ウイルスに汚染されたフィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤を投与されたことでC型肝炎ウイルスに感染した方が、国に対して給付金を請求する訴訟です。 最大4000万円の給付金を受け取ることができます。

母子感染でも請求できる? 二次感染者のB型肝炎給付金

母子感染による二次感染者からのB型肝炎給付金請求について解説します。 母親がB型肝炎給付金の対象になっていれば、母子感染した子供も、二次感染者としてB型肝炎給付金の対象になります。
赤ちゃんのB型肝炎ワクチン予防接種

赤ちゃんがB型肝炎ワクチン予防接種は受けても大丈夫?

赤ちゃんのB型肝炎予防接種についての解説です。 2016年10月1日から定期接種になり、自己負担無しで接種を受けることができます。 間隔をあけて3回の予防接種が必要なため、予防接種スケジュールの管理が大切になります。

B型肝炎の給付金受給後に病態が悪化した 追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金を受け取り後に肝疾患が悪化したときは、追加給付金として差額を請求できます。ご本人が死亡してしまったときは、ご遺族から追加給付金を請求することも可能です。
B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。
記事一覧へ