一次感染者としての給付金対象ではないようです

少なくとも、一次感染者(直接に集団予防接種で感染した人)としての給付金の対象ではないようです。

お母様が一次感染者であれば、母子感染した人は二次感染者として給付金の対象 になる可能性があります。

 

ご家族についてもチェックしてみましょう。

シミュレーションページへ

おすすめ記事

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。

B型肝炎キャリアの人が結婚するときに気をつけること

結婚生活や出産において、B型肝炎ウイルスキャリアであることは切り離せません。しかし、今ではワクチン接種や母子感染防止も可能です。理解しあえるパートナーであれば、B型肝炎が結婚を諦める理由にはなりません。
B型肝炎の感染経路を説明する医師

B型肝炎の感染経路 どこから感染するのか?

B型肝炎の感染経路についての解説です。 かつては多くの感染経路がありましたが、今ではほとんどの感染経路に対策がとられています。 しかし、新しいタイプのB型肝炎ウイルスが増えつつあり、新たな感染の広がりも懸念されます。

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。

B型肝炎だけじゃない C型肝炎訴訟の給付金について

C型肝炎訴訟とは、ウイルスに汚染されたフィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤を投与されたことでC型肝炎ウイルスに感染した方が、国に対して給付金を請求する訴訟です。 最大4000万円の給付金を受け取ることができます。
記事一覧へ