給付金を受け取れる可能性があります

50万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

また、給付金対象となった場合は、今後の検査費用等も補助されます。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎訴訟の和解状況

B型肝炎訴訟の提訴実績や和解状況などから、実際にどのくらいの人が給付金をもらっていて、もらえる確率はどれくらいになるのかを見ていきます。 B型肝炎ウイルス感染者の3人に1人は給付金の対象になります。
B型肝炎訴訟の弁護士費用

費用倒れで損しない? B型肝炎訴訟の弁護士費用

B型肝炎訴訟は弁護士費用が高くて逆に損するかもしれない、という点を検証します。 給付金をもらえれば費用倒れになることはありません。 給付金をもらえない場合、費用は無駄になりますが、最小限に抑えることは可能です。

B型肝炎給付金の対象になるのはどんな人?

B型肝炎給付金が支給される対象となるのは、幼少期(0~7歳時)の集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに持続感染した人です。また、対象者から母子感染した子供も、対象になります。
本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。
B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。
記事一覧へ