給付金を受け取れる可能性があります

最大 1250万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎とC型肝炎は何が違うの?

B型肝炎とC型肝炎の違いは、原因となる肝炎ウイルスの種類の違いです。肝炎ウイルスの種類によって経過や治療法などが違ってきます。 検査や治療薬の補助金や、給付金が支給される制度があります。
B型肝炎訴訟の弁護士費用

費用倒れで損しない? B型肝炎訴訟の弁護士費用

B型肝炎訴訟は弁護士費用が高くて逆に損するかもしれない、という点を検証します。 給付金をもらえれば費用倒れになることはありません。 給付金をもらえない場合、費用は無駄になりますが、最小限に抑えることは可能です。

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。
B型肝炎給付金の手続き期間

かなり時間がかかる?B型肝炎給付金の手続き期間

B型肝炎給付金の請求手続きには、早くても1年半くらいの期間が必要です。 証拠資料収集、提訴、和解などの段階ごとの所要期間や、期間が長くなりやすいケースについて解説します。
B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。
記事一覧へ