給付金を受け取れる可能性があります

最大 1250万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。

B型肝炎キャリアの人が結婚するときに気をつけること

結婚生活や出産において、B型肝炎ウイルスキャリアであることは切り離せません。しかし、今ではワクチン接種や母子感染防止も可能です。理解しあえるパートナーであれば、B型肝炎が結婚を諦める理由にはなりません。

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。
B型肝炎給付金でもらえる金額

B型肝炎給付金でもらえる金額は?

B型肝炎給付金では病態や発症時期により金額が決められており、最大3600万円を受け取ることができます。また、弁護士費用や、証拠のために検査した場合の費用の一部も支給されます。二次感染者も同じ金額がもらえます。
B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金は、患者の死亡後に相続人から請求する場合は相続財産とはならず、相続税はかかりません。 一般的な損害賠償よりも請求時期を調整しやすいので、意図的に相続税を回避できるケースもあります。
記事一覧へ