給付金を受け取れる可能性があります

最大 2500万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

母子感染でも請求できる? 二次感染者のB型肝炎給付金

母子感染による二次感染者からのB型肝炎給付金請求について解説します。 母親がB型肝炎給付金の対象になっていれば、母子感染した子供も、二次感染者としてB型肝炎給付金の対象になります。

B型肝炎訴訟の流れ

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るまでの大まかな流れのご説明です。証拠書類の収集~訴訟~和解~給付金受給までの道のりは長いもの。自分で手続きをすることも可能ですが、弁護士に依頼するのが一般的です。
B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金は、患者の死亡後に相続人から請求する場合は相続財産とはならず、相続税はかかりません。 一般的な損害賠償よりも請求時期を調整しやすいので、意図的に相続税を回避できるケースもあります。

B型肝炎だけじゃない C型肝炎訴訟の給付金について

C型肝炎訴訟とは、ウイルスに汚染されたフィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤を投与されたことでC型肝炎ウイルスに感染した方が、国に対して給付金を請求する訴訟です。 最大4000万円の給付金を受け取ることができます。
赤ちゃんのB型肝炎ワクチン予防接種

赤ちゃんがB型肝炎ワクチン予防接種は受けても大丈夫?

赤ちゃんのB型肝炎予防接種についての解説です。 2016年10月1日から定期接種になり、自己負担無しで接種を受けることができます。 間隔をあけて3回の予防接種が必要なため、予防接種スケジュールの管理が大切になります。
記事一覧へ