給付金を受け取れる可能性があります

最大 2500万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。
本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。
B型肝炎給付金でもらえる金額

B型肝炎給付金でもらえる金額は?

B型肝炎給付金では病態や発症時期により金額が決められており、最大3600万円を受け取ることができます。また、弁護士費用や、証拠のために検査した場合の費用の一部も支給されます。二次感染者も同じ金額がもらえます。
彼氏や彼女がB型肝炎だったら

彼氏や彼女がB型肝炎だったときの注意点と確認すべきこと

付き合っている彼氏や彼女から、B型肝炎であることを告げられた方に向けて、注意することや確認しておくべきことをご説明します。 B型肝炎をきちんと理解して、避けるべきリスクを避ければ、必要以上に不安になることはありません。

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。
記事一覧へ