給付金を受け取れる可能性があります

最大 2500万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。

B型肝炎のB型ってなに? ウイルス性肝炎について

B型肝炎のB型というのは肝炎ウイルスの種類を表しています。 肝炎ウイルスが原因で起こる肝炎をウイルス性肝炎といい、B型肝炎はB型肝炎ウイルスというウイルスが原因となっています。
B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。
B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金は、患者の死亡後に相続人から請求する場合は相続財産とはならず、相続税はかかりません。 一般的な損害賠償よりも請求時期を調整しやすいので、意図的に相続税を回避できるケースもあります。

B型肝炎訴訟の流れ

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るまでの大まかな流れのご説明です。証拠書類の収集~訴訟~和解~給付金受給までの道のりは長いもの。自分で手続きをすることも可能ですが、弁護士に依頼するのが一般的です。
記事一覧へ