給付金を受け取れる可能性があります

最大 2500万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

世界肝炎デー2018

7月28日は世界肝炎デーです。B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎は、感染によって引き起こされます。WHOでは、これを世界的に重大な健康課題の一つと捉え、毎年7月28日を世界肝炎デーに定めています。
B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金の相続税対策

B型肝炎給付金は、患者の死亡後に相続人から請求する場合は相続財産とはならず、相続税はかかりません。 一般的な損害賠償よりも請求時期を調整しやすいので、意図的に相続税を回避できるケースもあります。
B型肝炎給付金の手続き期間

かなり時間がかかる?B型肝炎給付金の手続き期間

B型肝炎給付金の請求手続きには、早くても1年半くらいの期間が必要です。 証拠資料収集、提訴、和解などの段階ごとの所要期間や、期間が長くなりやすいケースについて解説します。

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。
B型肝炎給付金もらえない人

B型肝炎給付金もらえないのはどんな人?

B型肝炎給付金がもらえる条件について、普通とは真逆の視点で、B型肝炎給付金をもらえないケースについて解説していきます。 ただ、正確な判断には、法律や医学の専門知識が必要となるので、一度は弁護士に相談してみてください。
記事一覧へ