給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎の給付金受給後に病態が悪化した 追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金を受け取り後に肝疾患が悪化したときは、追加給付金として差額を請求できます。ご本人が死亡してしまったときは、ご遺族から追加給付金を請求することも可能です。

B型肝炎のB型ってなに? ウイルス性肝炎について

B型肝炎のB型というのは肝炎ウイルスの種類を表しています。 肝炎ウイルスが原因で起こる肝炎をウイルス性肝炎といい、B型肝炎はB型肝炎ウイルスというウイルスが原因となっています。

世界肝炎デー2018

7月28日は世界肝炎デーです。B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎は、感染によって引き起こされます。WHOでは、これを世界的に重大な健康課題の一つと捉え、毎年7月28日を世界肝炎デーに定めています。

B型肝炎の給付金について

B型肝炎の給付金とは、幼少期の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した人に、国から給付金という名目で支給されるお金です。国に対して訴訟を起こし、和解することで最大3600万円の給付金を受け取ることができます。
風邪をひいた人

B型肝炎の感染力

B型肝炎ウイルスはHIVの50倍から100倍は感染力があると言われており、非常に感染力の強いウイルスです。 B型肝炎ウイルスの感染力について解説しています。
記事一覧へ