給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。
B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。
B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。

母子感染でも請求できる? 二次感染者のB型肝炎給付金

母子感染による二次感染者からのB型肝炎給付金請求について解説します。 母親がB型肝炎給付金の対象になっていれば、母子感染した子供も、二次感染者としてB型肝炎給付金の対象になります。
記事一覧へ