給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。
B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。

B型肝炎給付金の対象になるのはどんな人?

B型肝炎給付金が支給される対象となるのは、幼少期(0~7歳時)の集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに持続感染した人です。また、対象者から母子感染した子供も、対象になります。
記事一覧へ