給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

肝炎の原因にはどんなものがある?

肝炎というとお酒の飲み過ぎというイメージをもたれがちですが、アルコールは肝炎の原因の一つに過ぎません。 肝炎はどのような原因によって引き起こされ、肝炎患者はどのようにして肝炎にかかっているのでしょうか。

B型肝炎給付金の対象になるのはどんな人?

B型肝炎給付金が支給される対象となるのは、幼少期(0~7歳時)の集団予防接種等によってB型肝炎ウイルスに持続感染した人です。また、対象者から母子感染した子供も、対象になります。
B型肝炎給付金いくらもらえるか?

最高額は4500万円! B型肝炎給付金は最大いくら?

B型肝炎給付金は、最大3600万円となっています。しかし、追加給付金もあわせて考えると、最大4500万円になるケースもあります。 今回はB型肝炎給付金の経済的メリットに焦点をあてて検証してみます。
B型肝炎の感染経路を説明する医師

B型肝炎の感染経路 どこから感染するのか?

B型肝炎の感染経路についての解説です。 かつては多くの感染経路がありましたが、今ではほとんどの感染経路に対策がとられています。 しかし、新しいタイプのB型肝炎ウイルスが増えつつあり、新たな感染の広がりも懸念されます。

B型肝炎の無症候性キャリアだとわかったら知っておくべきこと

B型肝炎の無症候性キャリアに関するご説明です。発症リスク、感染予防のための注意点や、定期検査など、ウイルスと付き合っていくのに必要なこと、その助けになる給付金について解説しています。
記事一覧へ