給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

相続人の方から弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎給付金の手続き期間

かなり時間がかかる?B型肝炎給付金の手続き期間

B型肝炎給付金の請求手続きには、早くても1年半くらいの期間が必要です。 証拠資料収集、提訴、和解などの段階ごとの所要期間や、期間が長くなりやすいケースについて解説します。

妊娠時の検査でB型肝炎と判明 赤ちゃんへの影響は?

妊娠時の妊婦健診でB型肝炎という検査結果が出た方に向けて、B型肝炎のことや赤ちゃんへの影響、母子感染、出産後に気をつけることなどを解説しています。
B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。

世界肝炎デー2018

7月28日は世界肝炎デーです。B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎は、感染によって引き起こされます。WHOでは、これを世界的に重大な健康課題の一つと捉え、毎年7月28日を世界肝炎デーに定めています。

B型肝炎の給付金受給後に病態が悪化した 追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金を受け取り後に肝疾患が悪化したときは、追加給付金として差額を請求できます。ご本人が死亡してしまったときは、ご遺族から追加給付金を請求することも可能です。
記事一覧へ