給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

相続人の方から弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

風邪をひいた人

B型肝炎の感染力

B型肝炎ウイルスはHIVの50倍から100倍は感染力があると言われており、非常に感染力の強いウイルスです。 B型肝炎ウイルスの感染力について解説しています。

B型肝炎とC型肝炎は何が違うの?

B型肝炎とC型肝炎の違いは、原因となる肝炎ウイルスの種類の違いです。肝炎ウイルスの種類によって経過や治療法などが違ってきます。 検査や治療薬の補助金や、給付金が支給される制度があります。

B型肝炎の原因は何?

病院や健康診断でB型肝炎と言われた方向けの解説です。 B型肝炎の原因はウイルス感染です。なぜ、どこで感染したのか。 考えられる感染原因や感染の種類について説明しています。

B型肝炎訴訟には期限があります

B型肝炎訴訟で給付金を請求するには期限があり、2022年(平成34年)1月12日までに訴訟を起こす必要があります。また、新たな症状を発症してから20年経過すると、請求できる金額が大きく減ってしまいます。

B型肝炎の無症候性キャリアだとわかったら知っておくべきこと

B型肝炎の無症候性キャリアに関するご説明です。発症リスク、感染予防のための注意点や、定期検査など、ウイルスと付き合っていくのに必要なこと、その助けになる給付金について解説しています。
記事一覧へ