給付金を受け取れる可能性があります

最大 3600万円 の給付金を受け取れる可能性があります。

相続人の方から弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎の原因は何?

病院や健康診断でB型肝炎と言われた方向けの解説です。 B型肝炎の原因はウイルス感染です。なぜ、どこで感染したのか。 考えられる感染原因や感染の種類について説明しています。

母子感染でも請求できる? 二次感染者のB型肝炎給付金

母子感染による二次感染者からのB型肝炎給付金請求について解説します。 母親がB型肝炎給付金の対象になっていれば、母子感染した子供も、二次感染者としてB型肝炎給付金の対象になります。
B型肝炎給付金の税金

B型肝炎給付金に税金はかかる?

B型肝炎給付金に関する税金について解説します。所得税や相続税など、課税関係についてのお話です。 B型肝炎給付金を受給するとき、所得税はかかりません。 本人死亡後に相続人が受給したときの相続税もかかりません。

B型肝炎患者への援助 助成金と給付金の違い

B型肝炎の方に対しては、国や自治体から、助成金や給付金などのお金が支給されます。 助成金と給付金の一番大きな違いは、医療費免除と現金支給の違いです。 両方の制度を利用することもできます。
本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。
記事一覧へ