検査してみましょう

B型肝炎ウィルスに感染していれば、最大3600万円の給付金を受け取れる可能性があります。

一度、検査を受けてみることをおすすめします。(給付金には期限があります。)

検査項目についてわからないときは、B型肝炎訴訟を取り扱う弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎の感染経路を説明する医師

B型肝炎の感染経路 どこから感染するのか?

B型肝炎の感染経路についての解説です。 かつては多くの感染経路がありましたが、今ではほとんどの感染経路に対策がとられています。 しかし、新しいタイプのB型肝炎ウイルスが増えつつあり、新たな感染の広がりも懸念されます。

世界肝炎デー2018

7月28日は世界肝炎デーです。B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎は、感染によって引き起こされます。WHOでは、これを世界的に重大な健康課題の一つと捉え、毎年7月28日を世界肝炎デーに定めています。

B型肝炎の給付金について

B型肝炎の給付金とは、幼少期の集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した人に、国から給付金という名目で支給されるお金です。国に対して訴訟を起こし、和解することで最大3600万円の給付金を受け取ることができます。

B型肝炎への偏見に対応 訴訟するときのプライバシー

B型肝炎ウイルスに感染された方への偏見や差別は今でも残っています。 B型肝炎給付金の手続きはプライバシーにも配慮されていますが、実際にどういったプライバシーリスクがあるのかを見ていきます。

B型肝炎キャリアの人が結婚するときに気をつけること

結婚生活や出産において、B型肝炎ウイルスキャリアであることは切り離せません。しかし、今ではワクチン接種や母子感染防止も可能です。理解しあえるパートナーであれば、B型肝炎が結婚を諦める理由にはなりません。
記事一覧へ