検査してみましょう

B型肝炎ウィルスに感染していれば、最大3600万円の給付金を受け取れる可能性があります。

一度、検査を受けてみることをおすすめします。(給付金には期限があります。)

検査項目についてわからないときは、B型肝炎訴訟を取り扱う弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎の無症候性キャリアだとわかったら知っておくべきこと

B型肝炎の無症候性キャリアに関するご説明です。発症リスク、感染予防のための注意点や、定期検査など、ウイルスと付き合っていくのに必要なこと、その助けになる給付金について解説しています。
風邪をひいた人

B型肝炎の感染力

B型肝炎ウイルスはHIVの50倍から100倍は感染力があると言われており、非常に感染力の強いウイルスです。 B型肝炎ウイルスの感染力について解説しています。
B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。

B型肝炎キャリアの人が結婚するときに気をつけること

結婚生活や出産において、B型肝炎ウイルスキャリアであることは切り離せません。しかし、今ではワクチン接種や母子感染防止も可能です。理解しあえるパートナーであれば、B型肝炎が結婚を諦める理由にはなりません。
赤ちゃんのB型肝炎ワクチン予防接種

赤ちゃんがB型肝炎ワクチン予防接種は受けても大丈夫?

赤ちゃんのB型肝炎予防接種についての解説です。 2016年10月1日から定期接種になり、自己負担無しで接種を受けることができます。 間隔をあけて3回の予防接種が必要なため、予防接種スケジュールの管理が大切になります。
記事一覧へ