検査してみましょう

B型肝炎ウィルスに感染していれば、最大3600万円の給付金を受け取れる可能性があります。

一度、検査を受けてみることをおすすめします。(給付金には期限があります。)

検査項目についてわからないときは、B型肝炎訴訟を取り扱う弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎とC型肝炎は何が違うの?

B型肝炎とC型肝炎の違いは、原因となる肝炎ウイルスの種類の違いです。肝炎ウイルスの種類によって経過や治療法などが違ってきます。 検査や治療薬の補助金や、給付金が支給される制度があります。
B型肝炎の感染経路を説明する医師

B型肝炎の感染経路 どこから感染するのか?

B型肝炎の感染経路についての解説です。 かつては多くの感染経路がありましたが、今ではほとんどの感染経路に対策がとられています。 しかし、新しいタイプのB型肝炎ウイルスが増えつつあり、新たな感染の広がりも懸念されます。

妊娠時の検査でB型肝炎と判明 赤ちゃんへの影響は?

妊娠時の妊婦健診でB型肝炎という検査結果が出た方に向けて、B型肝炎のことや赤ちゃんへの影響、母子感染、出産後に気をつけることなどを解説しています。

B型肝炎への偏見に対応 訴訟するときのプライバシー

B型肝炎ウイルスに感染された方への偏見や差別は今でも残っています。 B型肝炎給付金の手続きはプライバシーにも配慮されていますが、実際にどういったプライバシーリスクがあるのかを見ていきます。
彼氏や彼女がB型肝炎だったら

彼氏や彼女がB型肝炎だったときの注意点と確認すべきこと

付き合っている彼氏や彼女から、B型肝炎であることを告げられた方に向けて、注意することや確認しておくべきことをご説明します。 B型肝炎をきちんと理解して、避けるべきリスクを避ければ、必要以上に不安になることはありません。
記事一覧へ