検査してみましょう

B型肝炎ウィルスに感染していれば、最大3600万円の給付金を受け取れる可能性があります。

一度、検査を受けてみることをおすすめします。(給付金には期限があります。)

検査項目についてわからないときは、B型肝炎訴訟を取り扱う弁護士に相談してみましょう。

弁護士一覧ページへ

おすすめ記事

B型肝炎の感染経路を説明する医師

B型肝炎の感染経路 どこから感染するのか?

B型肝炎の感染経路についての解説です。 かつては多くの感染経路がありましたが、今ではほとんどの感染経路に対策がとられています。 しかし、新しいタイプのB型肝炎ウイルスが増えつつあり、新たな感染の広がりも懸念されます。

B型肝炎の給付金受給後に病態が悪化した 追加給付金請求とは?

B型肝炎給付金を受け取り後に肝疾患が悪化したときは、追加給付金として差額を請求できます。ご本人が死亡してしまったときは、ご遺族から追加給付金を請求することも可能です。
B型肝炎給付金もらえない人

B型肝炎給付金もらえないのはどんな人?

B型肝炎給付金がもらえる条件について、普通とは真逆の視点で、B型肝炎給付金をもらえないケースについて解説していきます。 ただ、正確な判断には、法律や医学の専門知識が必要となるので、一度は弁護士に相談してみてください。

B型肝炎とC型肝炎は何が違うの?

B型肝炎とC型肝炎の違いは、原因となる肝炎ウイルスの種類の違いです。肝炎ウイルスの種類によって経過や治療法などが違ってきます。 検査や治療薬の補助金や、給付金が支給される制度があります。

B型肝炎だけじゃない C型肝炎訴訟の給付金について

C型肝炎訴訟とは、ウイルスに汚染されたフィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤を投与されたことでC型肝炎ウイルスに感染した方が、国に対して給付金を請求する訴訟です。 最大4000万円の給付金を受け取ることができます。
記事一覧へ