判別できませんでした

生年月日や幼少期の状況により、

集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染したと認められる場合は、

国から給付金を受け取ることができます。

 

対象条件について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

「B型肝炎給付金の対象になるのはどんな人?」

 

 

おすすめ記事

B型肝炎患者への援助 助成金と給付金の違い

B型肝炎の方に対しては、国や自治体から、助成金や給付金などのお金が支給されます。 助成金と給付金の一番大きな違いは、医療費免除と現金支給の違いです。 両方の制度を利用することもできます。
B型肝炎訴訟中に本人が死亡

B型肝炎訴訟中に本人が死亡した場合

B型肝炎給付金を請求する訴訟の途中で、原告である患者本人が死亡してしまったとき、どうするかについて解説します。 原告が死亡すると訴訟は中断され、相続人からの受継申立によって再開します。
B型肝炎給付金の手続き期間

かなり時間がかかる?B型肝炎給付金の手続き期間

B型肝炎給付金の請求手続きには、早くても1年半くらいの期間が必要です。 証拠資料収集、提訴、和解などの段階ごとの所要期間や、期間が長くなりやすいケースについて解説します。

B型肝炎のB型ってなに? ウイルス性肝炎について

B型肝炎のB型というのは肝炎ウイルスの種類を表しています。 肝炎ウイルスが原因で起こる肝炎をウイルス性肝炎といい、B型肝炎はB型肝炎ウイルスというウイルスが原因となっています。
本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

本人死亡の場合のB型肝炎給付金請求

B型肝炎訴訟は、患者本人が死亡していても相続人から給付金請求することができます。 給付金対象の方が肝疾患で死亡した場合、給付金は3600万円です。
記事一覧へ